標準 特大

HOME » WEBディレクターブログ » ディレクター日記 » 

ディレクター日記

562011

科学の実験

岸和田市では、ゴールデンウィークに、市民フェスティバルというお祭りが開催されます。

毎年、岸和田青年会議所でブースの出展をするんですが、その企画から運営までを私含め数人が中心になってやってきました。

何をしたのかと言いますと、テレビでもおなじみので○じろう先生がやってるような科学実験を子どもたちにやってもらうというもの。

その気になって、白衣を着たりして・・・・気分は科学の先生です。

時間と労力を費やして準備した甲斐があって、たくさんの子どもたちに来場してもらい、科学の不思議を体感し、楽しんでもらうことができました。

中でも、ダイラタンシーというのが人気で、夢中になって遊んでいました。

この白いのがダイラタンシー(片栗粉と水を混ぜたもの)です。

力を入れて握ると固まって個体になるんですが、力をゆるめると液体になるという何とも不思議な物体です。

なので、じっとしてると沈んでいくんですが、強く踏みつけると固くなって、その上で走ることができるんです。

手で触っていても、固くなったり、柔らかくなったり、何とも言えない気持ちよさ!

あまり人が来なければどうしよう・・・・・なんて不安も少しありましたけど、子どもたちの笑顔がたくさん見れて本当によかった~!

これを糧にして仕事も頑張るぞぉ~!!! 😳

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。