標準 特大

HOME » WEBディレクターブログ » ディレクター日記 » 

ディレクター日記

712009

ブラウザのシェア遷移

今日は主要ブラウザのシェアに関する記事がありましたので、ご紹介します。
InternetExplorer6(IE6)のシェアが10%台になったというものです。

IE6シェア10%台へ、Firefox全体とシェア逆転

といってもこれは、アメリカさんのお話で、日本ではまだまだIE6は健在のようです。
オニオン・ウェブのアクセス解析データですと、IE6は今も40%を超えています。

IE6よりも少し多いのがIE7で、48%くらいですね。そして、少し前に公開されたIE8が10%に伸びてきています。

私も愛用しているFireFoxは20%を超えて、後はSafariが5%で、その他はごく少数という状況です。

しかし、IE6はしぶといですね。なかなか少なくなりません。

FireFoxの場合は、最新のバージョンがほとんどなのに、IEの場合は何年も前のバージョンが半数近いなんて・・・

特にIE6はホームページ制作をする人間にとっては天敵のような存在ですもんね。
今も作成しているサイトで、IE6でだけ表示がおかしくなって、その都度手直しをしています。

といっても、IE6だけじゃなく、IE6と8ではOKなのに、IE7だけおかしいなんてこともあるので、困ったものです。。。
今年中にはIE6は消えてもらいたいんですけどね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。