標準 特大

HOME » WEBディレクターブログ » ディレクター日記 » 

ディレクター日記

6252009

オープンソース版のMTが誕生

ブログツールと言えば、MovableType(MT)とWordPressの2つがメジャーなツールですが、両者の大きな違いは有料か無料かでした。
もちろん、それぞれ特徴があって使い勝手も違いますが。。。

日本でブログが注目され広まったのがMTでしたが、WordPressは無料で使えるということでその後人気になりました。
MTの場合はライセンスを購入するのに、52,500円の出費が必要で、オニオン・ウェブでもコスト面でWordPressで構築することが多くなりましたが、そのMTにオープンソース版が誕生したみたいです。

Movable Typeのオープンソース版ブロギングサービス「Melody」誕生 CNET Japan

今一度、ブログについてご説明しておきますが、ブログと言えば皆さん“日記”と思われる方がまだまだ多いのではないでしょうか。

確かに日記を作るのに適してはいますが、ブログは日記だけではありません。

普通のホームページを作成するのにも大いに活躍するのがブログです。
そもそもブログツールはCMSの一種であって、CMSとはブラウザ上で手軽にコンテンツの更新が行えるツールのことです。

イベント情報などの新着情報をお客さんサイドで追加更新できるので、いちいち制作会社に依頼する必要が少なくなり、運用コストが削減できますし、サイトのボリュームが増え、ホームページを充実させることができる良いことづくめのツールなんです。

オニオン・ウェブでもブログを使ってホームページの作成を行っていますので、制作実績にてご確認ください。
見た目は普通のホームページと何も変わらないです。

今後もCMSはサイト構築になくてはならないツールとして発展していくことでしょう。
その選択肢が増えることは大いに嬉しいことですね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。