標準 特大

HOME » WEBディレクターブログ » ディレクター日記 » 

ディレクター日記

10102008

検索サイトは使い分ける

日本で人気がある検索サイトと言えば、Yahoo!とGoogleですが、では、実際にはどんな使われ方をしているのでしょうか?
そんな調査がこちら・・・

ネットユーザーの7割近くが、「2つ以上」の検索サイトを利用 (japan.internet.com)

普段使っている検索サイトが2つ以上ある人が、全体の7割にもなるということです。

探したいサイトや情報によって使い分ける人が、4分の1にもなり、検索サイトを使いこなしていることが見受けられます。

中国産の検索エンジン「百度」が日本上陸をしましたが、やはり実際に使われているのは、Yahoo!とGoogleが圧倒的シェアを占めており、この2つの検索で上位に表示されることが、日本では必須の検索エンジン対策となります。

ユーザーがこれだけ使いこなしているということは、運営するサイトによってメインで対策する検索エンジンを考慮しないといけないということでしょうか・・・・・

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。