標準 特大

HOME » WEBディレクターブログ » ディレクター日記 » 

ディレクター日記

9192008

ロングテールはもう古い?

まず、ロングテールという言葉をご存知でしょうか?
これは、実店舗とは違い、ネットショップなどにおいては、ページを用意しておくだけで、販売スペースにほとんど制限がないので、年に一回しか売れないようなニッチな商品でも、数多くページを用意しておけば、売り上げに貢献するという経済理論です。

一般的には、「2:8の法則」(=全商品数のうち2割の商品が、全売り上げの8割を占める)が知られており、いわゆる売れ筋と呼ばれる2割の商品をいかに売るのかが重要視されるのですが、あまり売れないニッチな商品を品揃えしておくこともネットショップでは重要であるという考え方がロングテール理論で、書店のアマゾンなんかがこれに当てはまります。

そのロングテールが広告の世界では、もう古いんでないの?という記事を発見しましたので、ご紹介します。

「ロングテールはもう古い!?」IT業界最新リスティング広告事情

結局はケースバイケースで、事業内容によっては重要であるし、ロングテールやスモールキーワードも見逃すわけにはいかないというのが、実際のところでしょうか。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。