標準 特大

HOME » WEBディレクターブログ » 検索エンジンについて » 

検索エンジンについて

1302009

Yahoo!はトップページ、Googleは末端ページ?

ホームページを運営して何らかの成功を収めようと思えば、検索エンジン対策は避けて通れない道ですよね。
よほどの知名度がない限り、サイトをオープンしてすぐにアクセス数を確保することはできません。

知名度のないサイトでアクセス数を増やすには、ネット上に広告を出したり、様々なサイトからリンクを貼ってもらったりとやることは山積みです。

中でも検索エンジンでキーワード検索した時に、上位表示されることは非常に大きな意味を持ちます。

日本でメジャーな検索エンジンと言えば、Yahoo!とGoogleですが、それぞれ特徴があり、ある程度違った基準で順位を判断しています。

よって、検索順位も変わってきます。
その順位付けの特徴を調査した結果がこちらの記事に掲載されています。

【SEOリサーチ】「Yahoo!検索では1位なのに、Google検索では60位」 両方に評価される効率的なSEO施策とは? /MarkeZine

この調査の結果では、Yahoo!では上位に来ているサイトは、トップページが多く、逆にGoogleでは、末端のページが多いとのことです。これは非常に興味深い結果ですね。

ただ、この結果を見て、日本で1番シェアの高いYahoo!で上位にしたいから、トップページに力を入れよう!ということではなく、良いホームページを制作・運営していれば、内容が充実していき、自然にページ数が増えてきます。

そうなれば、見てもらいたいページが増えてくるので、ユーザーの視点も考えて、トップページから誘導するために、リンクが増えたり、掲載する内容も増えるでしょう。
ということは、トップページも末端のページも、ホームページを充実させていけば、相乗的に評価が高まってくるのではないでしょうか。

ですので、検索エンジンによってどうこうと言うよりも、サイトをトータルに考えてユーザーにとって見たくなるサイト運営を心掛けることが肝心なんですね!

ちなみに、オニオン・ウェブの場合、Yahoo!とGoogleの順位の違いは、昨年まではキーワードによっては大きな差があったのですが、今年に入って似たような順位になってきました。

運営していくにつれて、どちらの検索エンジンでも同じように評価されるようになってきたということでしょうか。
管理させてもらってるお客様のホームページでも、同じような順位になっているところが多いですね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。