標準 特大

HOME » 制作の流れ » 

制作の流れ

ご用意いただく資料

説得力のある生きた文章

ホームページ上に掲載する文章ならびに写真が必要となります。
その文章は誰が考えるのか?
それはクライアント様本人です。まずは自分なりに考えてみてください。とはいえ、難しく考えることはありません。普段の接客や営業活動の中で、話している内容でいいのです。
お客様からよく聞かれることや、知りたがっていることを思いつく限り書き出してみてください。
それをそのまま、まとめるようにすれば問題ありません。

本人でなければ、ご自身の“想い”や“売り”は伝わりません。

文章を書くのが苦手な方も、まずは自分で考えるようにしてください。他人が考えた当たり障りのない文章よりも、多少読みにくくても熱のこもった生の文章のほうが、よっぽどメッセージ性は強いはずです。

とはいえ、いただいた文章をそのまま掲載する訳ではございませんので、ご安心ください。
当方で内容を読ませていただき、言いたいことがより伝わるように、言い回しや文章の構成を修正をさせていただき、ご了解を得て、公開いたします。
もし、文章の作成から丸ごとお願いしたいとお考えのようでしたら、コピーライティング込みで受けているホームページ制作会社にご依頼されることをお勧めいたします。
そのような会社では、文章作成専門のコピーライターが常駐し、お客様にインタビューを行い、文章を作成してくれます。

当方では残念ながら一からのコピーライティングまではお受けしておりません。お客様からいただいた文章を加工修正してホームページにするのがオニオン・ウェブがご提供するサービスとなっております。

イメージさせる写真

ホームページにおいて、写真の力は強力です。長い言葉で説明するよりも、1枚の写真を掲載するほうが、よっぽど伝わることもあります。
ネットショップであれば、当然ですが商品の写真が必要です。その写真もただ写したという写真ではなく、使い方やそれを購入するメリットが伝わるような写真を掲載するようにしましょう。

例えば、ワインの販売であれば、ワインそのものだけの写真よりも、ワインを飲むような雰囲気のディナー風景を背景にした写真であれば、見ている人は飲むことを想像し、購買意欲をそそられるでしょう。
同じように洋服であれば、お客様が着ているところをイメージできるように、ターゲットの年代や性別に合ったモデルが実際に着ている写真のほうが、より具体的に商品の良さをアピールできます。

商品自体を見せることも必要ですが、なぜそれを買うのか、買うことによってどうなるのか、その理由を提示できる写真を心がけましょう。

そのような写真を自分で撮影するのが困難な場合は、プロのカメラマンに依頼する方法も考えましょう。せっかくいい文章を掲載していても、それが伝わらない写真ではもったいないですからね。