標準 特大

HOME » WEBディレクターブログ » ディレクター日記 » 

ディレクター日記

5272012

スターバックス

スターバックスと言えば、なんかお洒落で都会的なカフェの象徴ですよね。

僕は珈琲をあんまり飲めないんで、馴染みはないんですが、世界56カ国、1万7000店舗あり、売り上げは1000億円なんだそうな・・・。

そのスターバックスをそこまで成長させた会長兼CEOのハワード・シュルツ氏がカンブリア宮殿に取り上げられていました。
(4月12日に放送されて、5月末に観ています・・・)

アメリカの会社と言えば、利益優先、合理性の追求などビジネスライクなイメージがありますが、この会社はどうやら違うらしい・・・・。

シュルツ氏が生まれた家は貧乏で、非常に苦しい生活を経験したとのことで、それが会社経営に活かされ、アメリカ企業ではめずらしく、社員に優しい企業なんだとか。

健康保険やストックオプション(自社株購入権)を社員だけでなく、アルバイトにも適用するほど、手厚い待遇をスタッフに与えている。

この家族的な経営が世界一のコーヒーショップを支えていることを知って、少しスターバックスを好きになりました。

でも、珈琲飲まないから、紅茶にしておこう!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA