標準 特大

HOME » WEBディレクターブログ » ディレクター日記 » 

ディレクター日記

4232012

駕籠(かご)に乗る人担ぐ人そのまた草鞋(わらじ)を作る人

今日、岸和田市内の介護事業所さんのところでホームページの新規制作の打ち合わせをさせていただきました。

こちらの会社は、社長さんとは知り合いなのですが、ホームページの方はマネージャーさんが担当されるということで、打ち合わせはマネージャーさんとさせていただいています。

どこもそうなんですが、ホームページを作成するのが初めての場合は、何をどうすればいいのか分からないものです。

このマネージャーさんも始めはどうしたらいいのか分からないんで・・・とおっしゃっていましたが、前向きに取り組んでおられ、僕の説明を熱心に聞いてくれ、説明させてもらったことを素直に吸収してくれまして、今はまだ全体の構想を練っている段階なんですが、「ホームページつくるのって楽しいですねぇ~」とおっしゃっていただきました。

こんなホームページにしたい、あんなページにしたい!ってことを考える時が一番楽しい時なんですが、そういう楽しさをお客さんと共有できることって本当に大切なことなんですよね。

それがないと良いホームページなんて出来ないですから。

ただ、ページに掲載する資料を集めるために、そこで働くスタッフさんに協力を仰ぐんですが、なかなかそれが共有出来ないともおっしゃっていました。
日常の仕事にホームページ作成という余分な仕事が増えるので、無理もないのですが・・・

そして、このマネージャーさんは、社長さんの考えや理念、男気に惚れ込んで、付いていきたいと思って、そこで働いているそうで、見ていてとても楽しそうに働いてらっしゃいます。

そこで思い出したのが、
「駕籠(かご)に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋(わらじ)を作る人」という言葉。

駕籠に乗る人がビジョンを語り、それに感銘を受けて支える人がいて、そのまた先には実際に現場を動かす人たちがいる。

それぞれの持ち場で、それぞれの役割を担いながら世の中動いてるんですねぇ~。

こういったことを感じるお客さんのホームページは、非常につくりやすく、そして、遣り甲斐を感じることが出来ます。

僕の仕事は例えると草鞋をつくる仕事に分類されるかと思います。
履き心地がよくて、歩きやすい草鞋を編ませてもらいますよ~!

コメント

駕籠(かご)に乗る人担ぐ人そのまた草鞋(わらじ)を作る人” への4件のコメント

  1. わぁ♪
    素敵な記事ですね。
    「駕籠(かご)に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋(わらじ)を作る人」
    って感慨深い言葉ですね。

    私の場合・・・のうのうと駕籠に乗ってるのが申し訳なく思う時があり、たまに降りてきて担ぐのを手伝おうとするも、足手まといとなりまた駕籠に乗せられる・・・

    みたいなことをしています(汗)

    せめて、ビジョンだけでも良いものを☆
    明るく素敵な方向にいけるようにしたいと思っています!

    • コメント、ありがとうございます!

      乗る人は乗る人で、精神的な苦労がい~っぱいあるでしょうね。

      でも、乗る人が担いだら、何担いでるのか分からなくなりますね・・・(笑)

      いつもブログ拝見させてもらってますが、素晴らしいビジョンを発信し続けられてるので、毎回感心させられていますよ!

  2. ブログ、見て下さっているんですね♪

    ありがとうございます!

    おかげさまで、「ホームページを見て・・・」の問い合わせが増えてきました!

    スタッフ面接の申し込みや、利用者様のご家族など。

    ホントに、おかげさまです!

    • うれしいお声ですね!

      頻繁に更新されていて、しっかりとした考えをそこで発信しているからだと思いますよ!

      やっぱり継続は力なり!ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA