標準 特大

HOME » WEBディレクターブログ » ディレクター日記 » 

ディレクター日記

10212011

新宮市災害ボランティア

昨日、生まれて初めて災害ボランティアというものに参加させていただきました。

私が所属している青年会議所での企画で、大阪府下のそれぞれの青年会議所の有志が集まって20数名で行ってきました。

行った場所は、和歌山県新宮市。
台風12号によって甚大な被害を受けた熊野川の流域です。

熊野川流域

写真を見ていただいても分かるように、今は穏やかな流れで、川幅も広く、素晴らしい景色なんですが・・・・

この川が氾濫し、周りの民家の2階まで浸水したそうです。
信じられない水量です・・・・。

その場に立って話を聞いても、全くピンときませんでした。

しかし、至るところにその爪痕が残っており、それを見れば、自然災害のすさまじさが伝わってきます。

被害の様子

被害の様子

被害の様子

今回は、新宮市災害ボランティアセンターの熊野川サテライトというところで、ボランティア活動をさせてもらいました。

ボランティアセンター内

ボランティアセンター

右の方に見える緑色の屋根が熊野ドームで、その中にボランティアセンターが開設されていました。
そして真ん中に見えるのが、熊野川温泉さつきの建物です。

この場所を災害時に川の向こう岸から撮影された動画がアップされていましたので、シェアさせていただきます。

そしてこちらが水が引いた後だそうです。

この動画を見て、改めてすごいところに行ってきたんだと実感した次第です。

とはいうものの、力仕事なんて何年ぶりかだったんで、それほど焼くには立たなかったでしょうが、機会があれば、またぜひ参加したいと思います。

コメント

新宮市災害ボランティア” への1件のコメント

  1. 私もあの台風の直後に和歌山に行きました。
    水害の跡が生々しく切なく悲しくなりました。

    江川さん、偉いですね。
    積極的に色んな活動されていて、素晴らしいです。
    そして少し羨ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA